年々便利になっていくのがキャッシング

キャッシングの使い方というものは年々、どんどん便利になっていきます。

旅行や食事会など急にまとまったお金が必要になっても安心して備えることもできます。

単純にお金を引き出すという行為を見ても銀行のキャッシュカードとは比較にならないものがあります。

銀行やコンビニのATMでは殆どのカードが時間外手数料も必要なく使用できるのに対して、銀行のキャッシュカードの場合はそう言う訳にはいきません。

お金は口座にあるのに、引き出しが出来ないので行動が制約されてしまうという可能性も考えられます。

冠婚葬祭などの、どうしてもキャンセルできない用事の場合には大変なことになってしまいます。

デパートや駅のATMの中には信販会社系のATMが置いてある場合は、キャッシングなどは簡単に利用できるのに対して、銀行のキャッシュカードでは利用できない機械もあります。

お金が必要だと急な用事が出来た時も、銀行や消費者金融・信販会社などの金融機関に申し込みを行った時は、即日で結果が分かる場合も多くなっています。

使用目的や種類によって、金利や金額などかなり多くの会社から選ぶことができるので、自分に合ったものも選べます。

また、一部の銀行系のキャッシングの利用の仕方によっては定期預金の金利を優遇したり、銀行口座の時間外の手数料をカットしてくれる商品もあります。

人によっては、普段からお金を財布に入れて備えておくことに不安を感じるという場合にも有効です。

キャッシングの利用者の年収はどのくらい?

キャッシングは年収が高くないと利用できないと考えている方が多いです。

本来はサラリーマンのためのローンとして誕生したので、サラリーマンの平均年収400万円程度は必要だと考える方もいますが、もっと少ない年収でも借りられます。

年収200万円未満の方の利用者も多いため、年収に関してはあまり重視する必要はないでしょう。

パート、アルバイトといった方は、年収200万円以上稼げば多いほうでしょう。

一般的には200万円未満の方が多く、主婦はもちろん、男性にも該当者が多いです。

男性の平均年収は400万円以上ですが、ずば抜けて稼いでいる人もおり、平均値を押し上げています。

そのため、中高年で200万円未満という男性も少なくないのです。

キャッシングは、年収が少なくても借りられるローンです。

年収に見合った借入額にしておけば、審査で不利になることはありません。

審査で不利になる方の特徴は、無理をした希望額にしてしまうことです。

どんなに高額・安定収入の公務員でも、ハードルを高くしては借りることはできません。

身の丈に合った借入額は、年収の10%~20%と言われています。

10%にしておけば、無理なく返済していけるはずです。

年収200万円の方ですと、希望額は20万円が安全ラインになります。

節約を徹底すれば、年収の20%くらいでも大丈夫です。

そう考えると、総量規制の年収3分の1という金額はかなり多いことがわかるでしょう。

これはパーセンテージに換算すると33%くらいになります。

銀行系で低金利借入なら・・・学生アルバイターの私でも、低金利の銀行系カードローンで簡単に借入できました。

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分